地域づくりは住まいから 10回目 | 西東京市周辺の不動産をお探しなら株式会社三成産業にお任せ下さい。

ERA LIXIL 不動産ショップ・三成産業|ひばりヶ丘駅そば

【第10回】高齢者の独居を支える 安心の見守りサービス

※西東京市の地域情報紙「タウン通信」で連載中の「地域づくりは住まいから~新しい不動産スタイル」からの転載記事です。この連載にはERA LIXIL不動産ショップ・三成産業が協力しています。

 

不動産からできるまちづくりを考えるシリーズ。今回は、高齢者の安心の住まいを考える。

   * * *

現在進行形で急激に進んでいる住宅問題の一つに、「高齢者の住まい」がある。

ご承知の通り、日本の高齢化率は28・8%(内閣府「令和3年版高齢社会白書」)。長寿自体は喜ぶべきことだが、核家族化する現代では、課題が山積している。

 

 

心配な体調急変

やや古いデータだが、西東京市の2015年の高齢者世帯は34・3%に上っている。

 

単純に見て高齢者だけの暮らしが10軒に3軒もあるということだが、そのリスクは小さくない。特に心配されるのが、

◎脳卒中などの急性疾患
◎室内での転倒骨折
◎認知症等に伴う火災

などだ。

 

これらは、孤独死などにもつながり、地域の問題といえる。

入居OKが増加

そうした社会状況があるなかで、急拡大しているサービスがある。高齢者見守りサービスだ。

多くはホームセキュリティ会社によるサービスだが、情報通信技術を活用した機器によるセンサー式のサービスなどもある。これなどは、プライバシーを守りながら、日々の安否確認が可能となっている。

 

同サービスに詳しく、管理物件でも積極的に活用しているひばりヶ丘駅に隣接する「ERA LIXIL不動産ショップ・三成産業」の清水二郎さんは、「見守りサービスは高齢者への住まいの提供の幅を広げた」と評価する。

 

「特に賃貸住宅では、高齢者に住まいを貸すのを嫌がる大家さんが多かったのですが、見守りサービスの活用を条件にOKが出るケースが急増しました。双方にメリットがあるので、ぜひ多くの人に知ってほしいサービスです」

ちなみに、疾患がなければ月1000円~2000円程度でサービスを利用できる。

 

「所有する賃貸物件に『サービス』導入をお考えなら、ぜひ気軽にご相談ください。実例をご紹介します」

と、清水さん。

 

ちなみに同社では、身寄りのない人の緊急連絡先になることもある。また、西東京市の「地域見守りネットワーク」に加盟・協力するなど、高齢者支援に積極的だ。 

 

(タウン通信・2021年11月17日発行号掲載記事からの転載)