地域づくりは住まいから 【目次】

人口減や「コロナ」による価値観の変化により、空家問題などが加速している。

 

そんななか、ひばりヶ丘駅前の「ERA LIXIL 不動産ショップ・三成産業」では、社会的に意義のある形で土地を活用し、土地・物件所有者にも入居者にも喜ばれている。

 

その活動から見えてくるのは、「住まいからできる地域づくり」だ。

 

数回にわたってレポートする。(※地域紙「タウン通信」連載記事の転載)

【第1回】コロナ禍でまちづくりは変わる  弱者を支える土地活用とは!?

「コロナ禍で地域への見方や関心が変わってきています。テレワークが増える一方、首都圏を去る人も出ており、これからの町は都心に近いという利便性だけではやっていけなくなるでしょう」

そう指摘するのは、ひばりヶ丘駅前「ERA LIXIL不動産ショップ」の清水二郎さんだ。〈続きを読む➡


【第2回】空き家が急増したなら「家」は負の財産かもしれない

今回は、持ち家や土地資産のある人にぜひ読んでほしい。

誰もが認識していながら、その実、目を背けがちな町の将来像。

データを追うと、高齢化によって土地・家屋の価値が変わる可能性が実感されてくる。〈続きを読む➡

 

【第3回】空き家利用の選択肢の実際  「売る」以外の活用法とは

 前回、空き家の増加が確実視され、今後は「家が負の財産になる」という可能性を指摘した。

家・土地を資産として活用するためには、早めに適切な対処をすることが求められてくる。

「ほとんどの人は『早めに売る』という発想をします。でも、実は選択肢は多彩です」

そう話すのは、ひばりヶ丘駅前で約40年の「ERA LIXIL 不動産ショップ・三成産業」の清水二郎さんだ。〈続きを読む➡

 

【第4回】バリアフリーリフォームで不利な物件でも入居者確保

前回は、資産としての住まい(および空き家)の活用方法として、グループホームなどの福祉利用、バリアフリー物件化、シェアハウス化などの選択肢があることをお伝えした。今回からは、それぞれの具体例を少し詳しく紹介しよう。〈続きを読む➡

 

【第5回】注目の「シェアハウス」は 物件活用、町づくりに貢献する

人口減少社会で、物件によっては、入居者確保が難しくなっている。

そんななか、空室の目立つアパートや空き家を劇的に蘇らせる驚きの一手がある。シェアハウスだ。〈続きを読む➡

 

【第6回】誰もが暮らしやすい町へ グループホームを増やす

「誰もが暮らしやすい町」と言うのは簡単だが、実現は難しい。「住まい」一つとっても、さまざまな偏見で入居先を見つけられない人が、実は珍しくない。

その代表例が、精神障がい者だ。〈続きを読む➡

 

【第7回】「コロナ」による変化 不動産で再注目なのは…

人口減社会で、この地域でも、物件の空室が珍しくなくなっている。

そうした状況を受け、物件所有者の中には「さっさと売ってしまったほうがいい」と手放す人も少なくない。

しかし、こんな情報を耳にしたら、考えが変わるのではないだろうか。〈続きを読む➡

 

【第8回】入居者取り合いの時代に 注目の「0円」サービス

前回、コロナ禍により特に一戸建ての賃貸物件の人気が高まっていることをご紹介した。

実は賃貸物件では、もう一つ活況のものがある。安価物件だ。

生活防衛を考える人も増えており、今よりも安い賃貸住宅に移りたいというニーズがある。〈続きを読む➡

 

【第9回】コロナで増えたペットに不動産も対応しよう

この数回の連載で、コロナ禍により不動産の状況が様変わりしたことをお伝えしてきた。

しかし、まだ触れていないことで、忘れてはならない大きな変化がある。ペット事情だ。〈続きを読む➡

 

【第10回】高齢者の独居を支える安心の見守りサービス

現在進行形で急激に進んでいる住宅問題の一つに、「高齢者の住まい」がある。

ご承知の通り、日本の高齢化率は28.8%(内閣府「令和3年版高齢社会白書」)。長寿自体は喜ぶべきことだが、核家族化する現代では、課題が山積している。〈続きを読む➡

 

【第11回】生活保護受給者に安心の住まいを提供する

不動産でできる社会貢献として、特に福祉の面があることをここまで見てきた。

その最たるものとしてあるのが、生活保護受給者への住宅提供だ。〈続きを読む➡

 

【第12回】思い出の詰まった家を社会のために生かす

少子高齢化のなかで、親の家を相続する人が増えている。多くの人は「売却」を考えるが、思い出の詰まった家を手放す前に、「不動産を社会のために生かす」という道を検討してみてほしい。〈続きを読む➡

 

【第13回】物件の所有・活用について真剣に考える時代が来た

東京都の人口が計測史上、初めて転出超過に転じた。背景にあるのは、少子化や新型コロナウイルスの影響だ。

そんな状況だからこそ、これからの物件の所有・活用はしっかりと考えていく必要がある。〈続きを読む➡

 

【第14回】大家さん必読 物件の勝ち組・負け組とは?

長引く新型コロナウイルスの影響で、特に賃貸物件で「勝ち組・負け組」が生じてきている。

空室が続く物件を所有しているなら、歯止めをかけるための一手が不可欠だ。〈続きを読む➡

 

【第15回】不動産の「2022年問題」とは? 大家さん、売却検討者は対策を

不動産の「2022年問題」をご存知だろうか。

多くの生産緑地が解除される見込みの今年、不動産価格の下落が懸念されている。〈続きを読む➡

 

【第16回】ニーズが高まっている高齢者見守りシステム

5人に1人が高齢者という時代が目の前に迫っている。

「高齢者と住宅」の問題を考えるとき、高齢者見守りシステムの活用の有用性が見えてくる。〈続きを読む➡